について詳しく説明する前に、ブログサイトの簡単な紹介をします。すぐに足を踏み入れて、AkikoZuckermanのオンライン日記へようこそ。それで、彼女は正確に誰ですか?

アキコは日本で有名なパントマイムアーティストの一人です。時事問題であろうと、あらゆる種類の芸術形式、特にパントマイムに関する情報であろうと、読みたいものが何であれ、このオンラインスペースにはあなたが知る必要のあるものがあります。彼女の将来のパフォーマンスの最新のアップデートとスケジュールを入手することもできます。  

私たちの記事は、地元および外国のアーティストに焦点を当てています。国内外で成長するアートシーンに、より多くの人が気づき、興味を持っていただける空間を提供したいと考えています。

パフォーマンスアート入門パフォーマンスアート

を鑑賞する味覚を持っている人は多くありません。ほとんどの場合、見るのは不快です。パフォーマンスアートは、標準的な規範や芸術的価値観に挑戦し、反抗するため、明らかに非伝統的です。それは芸術と生活、そして他のすべての側面の間の微妙な境界線を曖昧にします。 

「パフォーマンスアート」という用語は、ビジュアルアーティスト、ミュージシャン、詩人、映画製作者が開催するライブアートイベントの一般的な参照として、1960年代に米国で最初に造られました。しかし、用語が作成される前でさえ、この特定の芸術運動の先駆者と見なされてきました。そのうちのいくつかは:

  •  ドイツのバウハウス、1919年に建て美術学校は、俳優が学び、光、音、と空間の間の接続を探索することができ演劇ワークショップを開きました。
  • バウハウスの教員が自国から追放されたとき、彼らはブラックマウンテンカレッジを開設し、視覚芸術と組み合わせた演劇研究のプログラムを提供しました。
  • ダダイストの詩と視覚芸術のライブパフォーマンスが1つに融合しました。
  • 50年代後半から60年代前半の若者のサブカルチャーグループであるビートニク。

パフォーマンスアートは60年代後半から70年代にかけて前衛的になりました。この運動は、芸術家が進化し、芸術そのものになるのを見ました。その注目すべき特徴は、アーティストがメッセージを表現または伝達するために行う極端なことです。それは厳密な説明に従わず、自発的に変更することができます。 

パフォーマンスアートではあまり会話を聞くことができません。通常、聴衆にコンテキストを提供するために音楽または音のみに依存しています。ご覧になりたい場合は、ほとんどの現代美術館やメトロポリタン美術館などの有名なセンターで開催されるパフォーマンスをご覧いただけます。 

舞台芸術を用いて、観客から幅広い反応を引き出すことを目指しています。ライブで行われているため、ルールは定められておらず、アーティストは自由に表現することができます。

多くの現代アーティストは、パフォーマンスアートの価値を有効な芸術運動と見なしています。それは長い間存在し、今もなお耐え続けています。その最も際立った品質は、それが忘れられないということです。

他の種類のアートフォームについて詳しくは、AkikoZuckermanブログをご覧ください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Theme: Overlay by Kaira
Copyright © Akiko Zuckerman. All rights reserved.