パントマイムの基本動作

パントマイムは確かに刺激的な劇の一形態です。壮大なジェスチャーとカラフルな衣装で、人は簡単にそれに引き込まれるでしょう。言葉よりも行動の方が本当に大きな声で語ることを証明しているので、どれだけ簡単にできるのかと多くの人が疑問に思っています。

アキコ・ズッカーマンのブログでも紹介したいとのリクエストが何度もありましたので、パントマイムの基本的な動きをご紹介します。

リラクゼーション

ステージ上でのリラックスの仕方は、あなたが描こうとしているキャラクターのポイズンさに大きく影響します。ステージ上でリラックスするだけでなく、自分のセリフを完璧に伝えられるように、適切な呼吸法も学ばなければなりません。

歩き方、座り方 

歩き方や座り方もパントマイムでは重要な要素です。座り方も同様で、そのシンプルなフォームが、あなたが誰を描こうとしているのかを語ることができます。

自信を持って歩き方や座り方をマスターする前に、自分の行動がキャラクターの性格に合っているかどうかを常に確認するようにしましょう。例えば、自信に満ちた人を描いている場合は、背筋を伸ばして立つ必要があります。逆に、臆病な人を演じる場合は、他のキャラクターの前で不器用に立つ必要があるかもしれません。

横断・旋回・落下

通常の演劇とは異なり、パントマイムは文字通りステージを横断することになります。これを行うには、常に観客と向き合う必要があり、正しい方法があります。例えば、左から舞台に入るときには右足を先に、逆に右足を先に使うことになります。

一方、劇中に出てくるかもしれない戦闘シーンでは、キャラクターが舞台上で旋回したり、倒れたりすることがあります。ステージを横切るように、単純なターンやフォールも、効果的に見えるような仕草をする必要があります。

ジェスチャー

最後に、パントマイムとは、壮大な身振り手振りを抜きにしたものではありません。この動きは、実はパントマイムの中でも最も重要な動きと言えるかもしれません。通常の芝居よりも少ない言葉数で、大げさな身振りがパントマイムの特徴です。

通常、最も壮大なジェスチャーは、目、眉、口などの表情を組み合わせて、より観察しやすくしているのが特徴です。

ここではその一例を紹介します。

  • 驚いていることをアピールするには、目を大きくして、眉を上げて、口をO型に開いて、驚いていることを強調します。
  • 喜んでいることを表すには、目を少し細めて、眉を何となく上げて、口をカーブさせて笑顔にするといいでしょう。
  • 悲しんでいるように見せるには、目を細めてまぶたを落としたり、眉をひそめたり、口元を下に向けたりします。

これらはあくまでも顔の仕草の一部ですが、大げさな体の動きと組み合わせることで、よりよく見えるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Theme: Overlay by Kaira
Copyright © Akiko Zuckerman. All rights reserved.